お口の情報室トップページJMS舌圧測定器 > 製品情報

JMS舌圧測定器

製品情報

JMS舌圧測定器

舌の運動機能を最大舌圧として測定する機器。

測定値は摂食・嚥下機能や構音機能に関する
口腔機能検査のスクリーニングの指標となります。

カタログダウンロード(2.7MB)

品番 JANコード 型式 梱包単位 添付文書
JM-TPM 4987494076918 TPM-01 1台 ダウンロード(244KB)
JF-TPP 4987494073610 舌圧プローブ 25本入 ダウンロード(244KB)
JF-TPT 4987494073627 連結チューブ 10本入 ダウンロード(244KB)

医療機器承認番号:22200BZX00758000(JMS舌圧測定器)
Orarizeは株式会社ジェイ・エム・エスの登録商標です。

JM-TPMの仕様

与圧調整(加圧)機能 与圧設定値 19.6kPa(与圧調整後、自動的にゼロ点表示)
与圧調整時間 20秒以内
与圧調整精度 ±1.0kPa(ただし、与圧設定値19.6kPaにおいて)
測定機能 圧力表示単位 kPa
圧力表示範囲 -9.9~100.0kPa(ただし、与圧設定値19.6kPaをゼロ点とする場合)
測定精度 ±1kPa(ただし、与圧設定値19.6kPaをゼロ点とする場合の0.0~80.0kPaにおいて)
圧力表示方式 デジタル数字およびバーグラフ(レベルサイン)
オートセーブ機能 1.与圧調整後、ボタン操作が行われない状態、または1.0kPa以上の圧力変動が検知されない状態が継続して60秒後にLCD表示パネルのバックライトOFF
2.与圧調整後、ボタン操作が行われない状態、または1.0kPa以上の圧力変動が検知されない状態が継続して5分後に電源OFF
測定可能回数 約2,500回(新品の乾電池または充電池を使用し、室温で1ヶ月以内での使用を想定した場合)
警報 測定異常警報、加圧異常警報、およびLowバッテリ警報。それぞれエラー表示後に緊急停止・大気圧開放をする。
外部出力機能 USB(データ送信のみ)
使用電源 単三形アルカリ乾電池2本または、単三形ニッケル水素充電池2本
保護形式 内部電源機器
保護程度 BF形装着部
EMC適合規格 IEC60601-1-2(Ed.2):2001
防滴性 IPX0
使用条件 周囲温度/相対湿度 10~40℃/30~75%
筺体材質 ABS樹脂
寸法 94(幅)×135(長さ)×35(奥行)mm
重量 約250g(電池含まず)
付属品 お試し用乾電池(単三形アルカリ乾電池2本)1セット、取扱説明書 1冊、添付文書 1部、品質保証書 1部
オプション JMS舌圧測定データ解析用ソフト
耐用期間 5年(加圧ポンプ作動回数として約45,000回)
クラス分類 Ⅱ:管理医療機器

JMS舌圧測定器に関するお問い合わせ先

株式会社ジェイ・エム・エス カスタマーサポートセンター カスタマーサポートセンター

ページの先頭へ戻る